おすすめ!七五三のヘアスタイル・日本髪で日本のお姫様になろう

女の子の七五三、特に7歳の時の七五三にはおすすめのヘアスタイルがあります。

着物で七五三となったら、そう、日本のお姫様の髪型、日本髪です!

七五三でしかできない髪型であること、写真映えするということ、そして何よりカワイイ!

我が家の娘も7歳の七五三では日本髪にして写真を撮りました。

でも、普段はやらない日本髪。

何をどうしたらいいの?って思いますよね。

そこで、我が家が実際に体験したことから髪の毛の長さやグッズなど、日本髪に必要なことをお伝えします。

目次

日本髪を結える美容師はどこに?

いつもは見かけない日本髪。

普通の美容室でセットしてもらえるかわかりませんよね。

我が家の場合、着物の着付けをお願いしていた着付け師さんを通じて美容師さんにお願いしました。

こちらの美容師さんは我が家まで来てくれて、着付けの前に日本髪にしてくれました。

着物に関係しているところ、呉服屋さんや着付け師さん、または七五三のロケーション撮影をしてくれるフォトショップやフォトグラファーさんなどは、日本髪にしてくれる美容師さんとつながっていることがありますので、きいてみるといいかもしれません。

また、着付けを行っている美容室でもきいてみると、紹介してもらえるかもしれませんね。

日本髪に必要な髪の長さは?

日本髪を自分の髪の毛で結う場合、どれくらい髪の毛の長さが必要なのでしょうか?

美容師さんに聞いてみたところ、

肩につくぐらいの長さまであれば、大丈夫

肩ぐらいまでの長さがあれば、アップにできるので大丈夫だそうです。

ただ、やはり髪の毛の長さがある方がきれいにできますよ、とのこと。

ちなみに長すぎるとどうなのか、と聞いてみると、長すぎて困るってことはあまりないけど、髪の毛の量が多い子だとちょっと大変かも、だそうです。

日本髪はまとめ髪の一種なので量が多いとまとめにくいってことみたいですが、そこはプロの美容師さんなら大丈夫って言ってもらいました。

日本髪に必要な「かのこ」と「ちんころ」と華やかな髪飾り

日本髪には「かのこ」と「ちんころ」という飾りが必要です。

かのこは日本髪の後ろにつけるこういった結んだ紐の飾りです。

ちんころは前の方につける紐の飾りで、こちらはおでこにちょっとかかるようにたらすのが基本。

我が家は着物にかのことちんころがセットになった物を購入しました。

というのも、かのことちんころを別々に買うと同じ色でも色味がちがう時があり、写真に写ったときにきれいにうつらないときいたんです。

我が家は着物の色に合わせて赤のセットを選びました。

着物の柄がカラフルな場合は、かのことちんころが別々でもおしゃれでかわいいかもですね。

さて実はこのかのことちんころだけでは、七五三の髪型としてはまだまだです。

かのことちんころは日本髪の基本のかざりなので、七五三のような晴れ着にはそれだけだとちょっと地味なんですよね。

そこで欲しいのがこういった髪飾り。

こういった髪飾りがあると、とってもはなやかになります。

かわいさが増しますので、ぜひつけてください!

ちなみ出来上がりはこちら。

かのこが良く見える後ろ姿です。

ちんころは前の方に、髪飾りを2つ、左右につけてみました。

かのこ・ちんころは、髪の毛に結わえるのではなくピンでとめています。

本人に、痛くないか、いやな感じはないかを聞いたのですが、痛くないし大丈夫、とのこと。

ふっくらとボリュームを持たせるために、髪の中にはふわふわの髪の毛もどきをいれています。

表面をしっかりと固まっているのですが触ったりしたら乱れてしまいますから、触らないよう注意です。

日本髪にかかる時間は約1時間

日本髪にするためにかかった時間は、約1時間でした。

かるくメイクもしてもらった時間も含めています。

やはり日本髪にしない場合よりは時間はかかりますね。

ただ、しっかりとセットしてもらえますので触ったりしなければずっときれいな髪型がキープできます。

我が家の七五三の日は風が強かったのですが、日本髪はいっさい崩れることなく家に帰るまでずっときれいなままでした。

料金は8,000円

日本髪にするために美容師さんにお支払いした料金は、8,000円です。

我が家は七五三の撮影をロケーション撮影にしたため、撮影料や着物の着付け代などとは別に、美容師さんにお支払いするスタイル。

家まで来てくれてヘアセットをしてくれた料金ですし、とてもきれいな日本髪にしてもらえたので我が家としては満足です。

日本髪での七五三、とても良い記念になりますよ!

親バカですが、日本髪にした娘はとってもかわいかった!

やって良かったなあ、って思ってます。

女の子は、成人式のお祝いでまた着物を着る機会があるでしょうが、その時に日本髪にしてくれることは無いと思うんですよね。

本人の希望が優先される年齢ですし。

今は結婚式でも和装はしても髪型は洋風っていうのが多いですし。

日本髪にする機会はここが最後、と思っていたので、母の希望をかなえてくれた娘には本当に感謝です。

ちなみに娘に日本髪の感想を聞いたところ、「ちょっと恥ずかしかった」だそうです。

嫌だった、というわけではなく、いつもとは違う髪型になるのが珍しく周りがどんな反応になるのか気になったようで。

今はテレビでも時代劇はやってないですから、日本髪を見る機会は減ってますよね。

日本のお姫様の髪型だよって伝えましたが、ピンときてなかったみたい。

でも、華やかな髪飾りを付けた姿はとても気に入ったようでした。

実際に日本髪にするのは子供ですから子供の希望が優先とは思いますが、もし、娘さんが日本髪にしてもいいよって言ってくれるならば、ぜひチャレンジしてみてください。

とっても可愛い日本のお姫様の姿が見られると思います!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次